Line

小動物のペット保険



最近の傾向として、朝早くから夜遅くまで仕事をしている方が多いせいでしょうか、室内飼いのねこを飼っている方が多くなっているとのことです。それも独身の方が多いとのことです。

またよほどのペット嫌いやアレルギーでない限り、何らかのペットを飼っている家庭が増加しています。小動物は手軽に飼うことができるので、ペットとして飼われている小動物はとても増えているそうです。

ペットの保険、犬やねこに関しては数は多くはありませんが、手厚い補償のものが販売されています。ところで小動物を対象とした保険はあるのでしょうか?

大丈夫です。小動物用のペット保険もあります。しかし取り扱う会社が限られているのは事実です。でも安心して下さい。小動物だからといって保障が薄いことはありません。

小動物のペット保険では入院や通院保険の給付に際し、犬やねこと同等の保障はされませんが、金額的には大差がないのです。

ではどのような小動物がペット保険の対象となっているのでしょう。一例が、ウサギ、とり、フェレット、ハムスター、リスなどなど…家庭で飼われているほとんどの小動物はペット保険の対象となります。ちょっと変わったペットの場合は、直接保険会社に問い合わせてみることをお勧めします。



Line


ペット保険について

気になる記事ピックアップ

ペット保険に対する規制
ペット保険に関しては、これまで無認可のものがたくさんありました。トラブルも多かったと思われます。そこで国は2008年4月にペットの保険に関して、規制をかけ.....

猫に食べさせるな!
猫に食べさせてはいけないものを紹介します。 猫と人間は体のつくりが違います。ですので、人間が食べても平気でも、猫の場合致命的な状況にな.....

猫型ロボット
猫型ロボットといえばドラえもんです。 ドラえもんは猫をモチーフにしたキャラクターです。ドラえもんは猫型ロボットなのに、何故かねずみが弱点です。 実.....

ペット保険の加入条件とは?
人間の保険と同じ様に、ペット保険でも加入の際には、保険会社によりますが、様々な条件があります。どこの会社で.....

通院の際のペット保険
ペットの体調が思わしくないので病院に連れて行く、または通院しなければならなくなってしまった場合、ペットの「通院保険」に加入していれば金銭面の負担を.....

Copyright © 2007-2011 猫画像いろいろ KOMOWEB.com ネコのページ. All rights reserved